特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

「すまいるえきちゃん」「イコちゃん」…キャラ続々登場 社会人野球日本選手権

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ステージでタオルを振って客席を盛り上げるJX-ENEOSのエネゴリくん(左)=京セラドーム大阪で2019年11月1日、松浦吉剛撮影
ステージでタオルを振って客席を盛り上げるJX-ENEOSのエネゴリくん(左)=京セラドーム大阪で2019年11月1日、松浦吉剛撮影

 熱戦が続く第45回社会人野球日本選手権大会の観客席を盛り上げるのは、チアリーダーだけではない。JX―ENEOS(神奈川)の「エネゴリくん」をはじめ、CMや街角でおなじみの各企業のイメージキャラクターも京セラドーム大阪(大阪市)に続々と駆けつけ、競演している。【松浦吉剛】

シンヤくん

 軽快にバルーンスティックを振り回していたのは、フクロウがモチーフの日本新薬(京都)の応援団長「シンヤくん」。夏の都市対抗から、応援団や観客もシンヤくんの絵柄の帽子をかぶり、一体感を演出している。10月30日の1回戦、幸福を呼び込むフクロウがスタンドに多数集まったが、残念ながら初戦突破はならなかった。

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文947文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る