メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

失意の敗戦から再起の第一歩 オールブラックス、FWとバックスが一体となって快勝

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は1日、東京・味の素スタジアムで3位決定戦が行われ、ニュージーランド(世界ランキング3位)がウェールズ(同4位)を40―17で降した。

 特効薬はない。失意を乗り越えるには戦い続けるしかないのだ。ラグビー界のシンボル「オールブラックス」は宿命に立ち向かい、意義深い1勝を得た。

 優勝候補筆頭と目されたニュージーランド(NZ)が準決勝で敗れ、史上初の3連覇の目標を失ったショックは想像に難くない。「誇りに思えるパフォーマンスをすること」が最後のテーマだった。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです