特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

ドラフト意識「スカウトと勝負」から「勝つ投球」へ 日本生命・高橋が完封で見せた成長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【JR九州-日本生命】力投する日本生命の先発・高橋拓=京セラドーム大阪で2019年11月1日、北村隆夫撮影
【JR九州-日本生命】力投する日本生命の先発・高橋拓=京セラドーム大阪で2019年11月1日、北村隆夫撮影

社会人野球日本選手権 ▽2回戦 ○日本生命4―0JR九州●=1日・京セラドーム大阪

 日本生命の左腕・高橋拓は捕手・古川のミットだけを見て、直球を投げ込んだ。狙った外角いっぱいからわずかに中に入ったが、バットは空を切る。138キロの表示以上に伸びのある球で三振を奪った。

 ともに無得点の三回。先頭打者に初安打を許し、8番・植松を迎えた場面だ。力が入る状況だが「一人ずつ抑えることだけ考えた」。続く池田も空振り三振に仕留め、1番・石橋は投ゴロに打ち取っ…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

次に読みたい

あわせて読みたい