特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

果敢な走塁があだ JR九州、六回3長短打で無得点 流れを手放す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【JR九州-日本生命】六回表JR九州2死二塁、犬塚の左前打で二塁走者・萌抜が本塁を狙うもタッチアウト(捕手・古川)=京セラドーム大阪で2019年11月1日、久保玲撮影
【JR九州-日本生命】六回表JR九州2死二塁、犬塚の左前打で二塁走者・萌抜が本塁を狙うもタッチアウト(捕手・古川)=京セラドーム大阪で2019年11月1日、久保玲撮影

社会人野球日本選手権 ▽2回戦 ○日本生命4―0JR九州●=1日・京セラドーム大阪

 積極果敢な走塁があだとなった。0―0の六回、JR九州の攻撃。先頭の9番・池田が左前打で出た。続く石橋の初球にヒットエンドランのサインで走ったが、石橋が空振りして盗塁失敗となる。

 石橋が三振に倒れた後に萌抜(はえぬき)が遊撃強襲の二塁打を放つが、犬塚の左前打で三塁コーチの指示に従って本塁に突入したもののタッチアウトとなった。「前進守…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る