特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

サヨナラ打、先制打に好リード 躍進を攻守支えるベテラン捕手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【JX-ENEOS-日本製鉄鹿島】二回裏日本製鉄鹿島2死二塁、片葺が右前適時打を放つ=京セラドーム大阪で2019年11月1日、山田尚弘撮影
【JX-ENEOS-日本製鉄鹿島】二回裏日本製鉄鹿島2死二塁、片葺が右前適時打を放つ=京セラドーム大阪で2019年11月1日、山田尚弘撮影

社会人野球日本選手権 ▽2回戦 ○日本製鉄鹿島2―1JX-ENEOS●=1日・京セラドーム大阪

片葺(かたぶき)翔太捕手 日本製鉄鹿島・33歳

 2試合連続で2―1の接戦を勝ち抜いたチームで、1回戦のサヨナラ打に続き、この日も先制適時打と活躍した。打順は8番。「振ったら当たっただけ」と謙遜するが、奮闘する投手陣を攻守で支えている。

 二回2死二塁。直球狙いで打席に入り、初球はファウル。1ボールを挟み、右前に流し打った。「多分、抜けたカットボール。ちょうど打ちごろの球になった」と笑った。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文474文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る