メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン札幌移転 小池知事苦渋の容認「合意なき決定だ」 ワンチームに不信感

2020年東京五輪のマラソン、競歩の札幌開催案についての4者協議で発言する東京都の小池百合子知事(右から2人目)=東京都中央区で2019年11月1日午後0時半(代表撮影)

 「東京開催がベストとの判断は変わっていない」「同意できない」。1日の国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会で、東京都の小池百合子知事は厳しい言葉を並べながら、マラソンと競歩の札幌移転を苦渋の表情で容認した。押し切られる形で花形種目を失った不満は尾を引きそうで、IOCや大会組織委員会との関係修復には暗雲が漂う。

 1日の4者協議で、IOCのジョン・コーツ調整委員長は移転に伴う経費を都に負担させないなどとし、「知事、これで満足ですか?」と同意を迫った。

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです