メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

世界へ38歳母力闘

防衛戦で挑戦者の若狭与志枝選手を攻める藤原芽子選手(右)=大阪市浪速区で2019年9月23日、梅田麻衣子撮影

 今年6月、神戸市在住の女性プロボクサーが、韓国で初の世界戦に臨んだ。東洋太平洋ボクシング連盟(OPBF)女子フェザー級王者・藤原芽子(わかこ)選手(38)。「互角に戦えた手応えがあった」というが、結果は判定負けに。

 試合後、控室に戻ると、セコンドを務めた所属先の「真正ジム」(同市東灘区)の山下正人会長(57)に「私は世界で戦えるレベルでしょうか」と悔しさをぶつけた。山下会長は藤原選手のまぶたの腫れを手当てしながら、「いけるんちゃう」と励ました。

 藤原選手は小学生から高校生まで3人の子どもを持つシングルマザー。家事と育児をこなす傍ら、兄の元プロ…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです