メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・歌謡ラボ

多岐川舞子「風の尾道」

 <楽庫(らっこ)>

 恩師・市川昭介の「男灘」で、1989年にデビューした多岐川舞子は、3年ほどで大人っぽいイメージに移行し、そこからほとんど印象を変えずに歌い続けてきた。当然、自分を生かす歌唱スタイルも身に付けた。これを根底から変えるのはむずかしい。数年前、作家陣を変えて歌唱法の転換を図ったが、無理がたたり、ほぼ2年、休養と充電に充てた。

 昨年「京都 ふたたび」で復帰し、今、「風の尾道」(かず翼詞、徳久広司曲、コロムビア)を歌う。尾道を…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 新国立競技場、年十数億円赤字も だれも「手を挙げない」民営化先送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです