メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土曜さろん

こちらネット相談室 「いざ」に備える、さまざまなサービス 知ることが防災に

2020年東京オリンピック開催に向けて、国交省が開設した防災情報の総合サイト「防災ポータル」(http://www.mlit.go.jp/river/bousai/olympic/)

安否の伝達・確認や通行可能道路マップ

 台風や豪雨の被害が相次いでいる。災害時などにパソコンやスマートフォン(スマホ)で利用できるネット上の無料サービスや機能を一覧にした。備えあれば憂い無し。【高橋望】

 ◆災害用伝言板(web171)(https://www.web171.jp/)

 171に電話をかけ伝言を録音、再生する「災害用伝言ダイヤル」のサイト版。被災者は自分の電話番号(携帯電話か固定電話)を入力した後、安否情報や全角100文字までの「伝言」を登録する。家族らの安否は、相手の電話番号を入力して「伝言」を確認する。事前に伝えたい人の電話番号やメールアドレスを登録すれば、伝言はメールや人工音声で通知される。毎月1日と15日に体験利用ができる。

 「web171」は、NTTドコモなど大手の移動体通信事業者(通信キャリアー)のユーザー以外の「格安…

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信号待ちの車列に車突っ込む 7歳女児死亡、9人重軽傷 大阪

  2. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  3. 植松被告接見一問一答(初回~8回目)「本当に申し訳ありませんでした」「死ぬのは怖い」「事件前に大麻」

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです