メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 デュルケムの『自殺論』によれば、急激な不景気の時だけでなく、急激な好景気の時も自殺が増えるという。

 理由の一つを簡略化して述べれば、周囲が「上昇」していくのに自分がそうでない時、人は欲望だけが刺激され、過度のストレスを感じるから。感覚としてはよくわかる。周囲が全員貧しければ何とか精神的には耐えられた貧困も、自分以外が裕福になれば、なんだかつらさが増す。

 現在、日本の自殺者数は減っている。理由として人口減に加え、精神科や心療内科に通う敷居が以前より低く…

この記事は有料記事です。

残り1471文字(全文1699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 犯人は逃走

  2. 鳥、ヘビ、魚…ナスカの地上絵新たに143点発見、AIも活用 山形大

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 平等院鳳凰堂がライトアップ 阿弥陀如来坐像など厳かに照らす

  5. 「テニスの王子様」 俳優の滝口幸広さん死去、34歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです