メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

九州実業団毎日駅伝大分選抜A 「いい走りしたい」 川野選手、中津市役所訪問 /大分

[PR]

 「ニューイヤー駅伝」の予選となる第56回九州実業団毎日駅伝競走大会(九州実業団陸上競技連盟、毎日新聞社主催)に大分選抜Aチームの一員として出場する川野邦彦選手(32)=中津市・ダイハツ九州駅伝部=が1日、中津市役所を訪問した。

 川野選手は中津市三光出身。9歳の時に長距離走を始め、鶴崎工高(大分市)を経て同社へ。2012年にできた駅伝部の主力として部を引っ張る。昨年度の県内一周駅伝の活躍で県選抜の練習会や合宿に参加して選抜チームの一員となり、最終選考会でAチームでの出走が決まった。

 大会は4日、北九州市を舞台に7区間80・2キロで競い、実業団チームの8位までがニューイヤー駅伝の切符を手にする。大分選抜は昨年は11位。川野選手は4回目の大会出場で、正選手として走るのは数年ぶりという。「後悔しないよう頑張ってきた自分のためにも、いい走りをしたい」と誓った。県勢は他に、大分市消防局、大分選抜Bが大会に参加する。【宮本勝行】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンの存在の大きさを実感した1年 巨人・中川皓太投手

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです