メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RCEP妥結見通せず 閣僚会合で相違点議論

 日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の閣僚会合が1日、バンコク近郊で開かれた。終了後の記者会見で牧原秀樹副経済産業相は「議論の結果は(4日の)首脳会議後に共同声明で発表する」と述べ、会合の交渉内容には言及しなかった。首脳会議で妥結できるかどうかは見通せない。

 首脳会議には安倍晋三首相が出席する。牧原氏は「残された相違点があったが、埋めるべく建設的な意見が交わされた」とも述べた。

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 見る探る 在宅勤務は?休業は? 出勤せざるを得ない人たちの苦悩 緊急事態宣言の街から

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです