メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会保障改革 患者負担巡り対立 財務省と厚労省

 安倍政権が最重要課題に掲げる「全世代型社会保障」の構築に向け、社会保障改革の議論が本格化してきた。75歳以上の後期高齢者医療の自己負担率増と、医療機関を受診する全ての患者から少額の定額負担を求める制度の導入を巡り、財務省・経済界と厚生労働省・医師会の意見が対立している。

 財務省は1日の財政制度等審議会の分科会で、後期高齢者医療の自己負担率について、現行は1割だが、新たに75歳になる人から2割に引き上げる提案をした。受診時に定額負担を求める制度の導入も「負担を、世代を超えて広く分かち合う観点から必要だ」とした。

 財務省が新たな負担を求めるのは、高齢者の急増に伴い医療費の膨張が避けられない一方、税金や社会保険料…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 犯人は逃走

  2. 鳥、ヘビ、魚…ナスカの地上絵新たに143点発見、AIも活用 山形大

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 平等院鳳凰堂がライトアップ 阿弥陀如来坐像など厳かに照らす

  5. 「テニスの王子様」 俳優の滝口幸広さん死去、34歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです