メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

消費税増税1カ月 下支え策、出足混乱 軽減税率、対応に苦慮

 10月1日に消費税率が10%に引き上げられて1カ月がたった。初めて導入された軽減税率は、食品を店内飲食する場合には税率10%が課されるが、持ち帰り用に8%で購入した食品を店内で食べるケースが多発。ポイント還元でも制度対象外の店舗の不満が高まっている。増税後の個人消費の動向も不安定で、景気の先行きは予断を許さない情勢だ。

 「イートイン脱税、みんなでやれば怖くない」。外食と酒類を除く飲食料品の税率を8%に据え置く軽減税率制度を巡り、コンビニエンスストア利用者らの間でこんな言葉が広まっている。コンビニでは店内飲食は10%、持ち帰りは8%の税率がそれぞれ適用されるが、8%で購入した商品を店内で飲食する客が続出。店内での「脱税」に店側が対応に苦慮している。

 10月30日の昼食時、東京都内のコンビニでは、会社員や大学生らがレジ前に長い列を作っていた。店内にある7席の飲食コーナーには「店内で飲食される際はお申し出ください」と書かれた告知が張られているが、実際に申告する客はほとんどいなかった。

この記事は有料記事です。

残り2548文字(全文2994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです