メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護崩壊

2040年への序章/2 ヘルパー不足、綱渡りの事業

要介護者の自宅を訪問し、昼食と夕食2食分を用意するヘルパー=神奈川県内で

 2040年ごろ、日本の高齢者人口は最大になる。だがその前に、介護を支える現場の人手不足は深刻化し、高齢者の「介護格差」がますます広がる恐れがある。

 ●深刻なセクハラ

 「土日、早朝、夜遅くに入ってくれる人がいない」――。ケアマネジャー16人を抱える「千葉西ケアマネージャー事務所」取締役の吉松美津代さん(71)はこう嘆く。

 訪問介護に欠かせないヘルパー不足が全国で続いている。ヘルパーのなり手が減っているからだ。吉松さんは…

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです