メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「米軍基地でパワハラ」妊婦に遅番週5日 日本人労組が抗議

キャンプ座間=神奈川県座間市で2013年、本社ヘリから小出洋平撮影

 在日米軍基地で働く日本人従業員が米国人上司や監督者から人権に関わるパワハラ被害に遭っているとして、日本人従業員の労組「全駐留軍労働組合」(全駐労)の約50人が1日、在日米陸軍キャンプ座間(相模原市、座間市)の正門前で抗議行動を実施した。

 在日米軍基地の日本人従業員は日本政府に雇用され、日本政府はその労働力を在日米軍の需要に応じて提供する。全駐労にはこうした従業員が加入している。

 全駐労によると、キャンプ座間にある学童施設で今年6月、妊娠8カ月の従業員(全駐労組合員)が米国人上司から労働条件の変更を通告された。基本勤務時間午前8時~午後5時で週1回前後は遅番があるという条件を、7月からは「月曜から金曜の全てで遅番勤務に変更する」という内容だった。この組合員は出産などを控えているため見直しを求めたが、上司は一切取り合わなかったという。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです