メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南アフリカ 1次リーグ黒星で初の優勝 ラグビーW杯

 大舞台での勝負強さを発揮し、最多3回目の栄冠を手にした。横浜・日産スタジアムで2日に行われたラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会決勝で、前回3位の南アフリカ(世界ランキング3位)が北半球勢2回目の優勝を狙ったイングランド(同1位)を32―12で破り、3大会ぶり3回目の頂点に立った。44日間にわたるアジア初開催のラグビーの祭典は閉幕を迎えた。

 2007年大会決勝と同一カードの一戦で、南アフリカはスクラムなどFW戦で優位に立ち、SOポラードの…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  2. 75歳以上「2割」22年度から 医療費負担、低所得者は1割維持

  3. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  4. 新潟女児殺害 小林被告に無期懲役 地裁判決

  5. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです