メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツ「クラロワリーグアジア」 日本のFAVが準優勝

「クラロワリーグアジア2019」の第2シーズンで優勝を決めたOGN ENTUSのTNT選手(下)と敗れてうなだれるFAV gamingのJACK選手=韓国ソウルのOGN・eスタジアムで2019年11月2日、クラロワリーグアジアのYouTubeより

 リアルタイム対戦型モバイルカードゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」(スーパーセル社、以下クラロワ)の公式eスポーツリーグ「クラロワリーグ アジア2019」の第2シーズンプレーオフファイナルが2日、韓国・ソウルのOGN・eスタジアムで行われ、日本の「FAV gaming(ファブゲーミング、以下ファブ)」が韓国の「OGN ENTUS(オージーエヌエンタス、以下オージーエヌ)」と戦い、1-3で敗れ、悲願のアジアチャンピオンの座を逃した。

 クラロワリーグは昨年3月に発足したプロリーグで、モバイルゲームの公式eスポーツリーグでは世界最大級の規模を誇る。リーグアジアは2シーズン制で、日本、韓国、東南アジアから各4チームが参戦。第2シーズンは6チームずつがA、B両ブロックに分かれ、韓国で総当たり戦を2度行い、両ブロックの上位4チームがプレーオフ(決勝トーナメント)に進出した。

この記事は有料記事です。

残り2469文字(全文2855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです