メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「自分の時代を作りたい」 彗星のごとく現れた1年生学生横綱

優勝し喜ぶ日体大の中村=堺市大浜公園相撲場で2019年11月2日、猪飼健史撮影

 彗星(すいせい)のごとく現れた1年生が、圧倒的な強さを見せた。19歳で「学生横綱」の称号を手にした中村。あどけない笑顔で「今後の3年間で中村泰輝の時代を作っていきたい」と断言した。

 決勝の相手は4月の選抜宇和島大会団体戦で敗れた谷岡。この日は自身の出足の鋭さが足りないと感じていただけに「前に出ることだけを考えた」。立ち合いで受け止められたが、右前みつを取ると左脚1本で踏ん張って前へ。「先に、先に攻めら…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 元警部銃撃 工藤会トップら2人に2審も賠償命令 初の高裁判決

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです