メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

政治 大臣がまた辞任 メロン、カニ、香典はダメ

内閣発足の記念撮影を終えて笑顔を見せるは菅原一秀経済産業相(右端)9月に大臣になったばかりでした

[PR]

与良正男よらまさお 毎日新聞まいにちしんぶん 専門編集委員せんもんへんしゅういいん

 自民党じみんとう菅原一秀すがわらいっしゅう先月せんげつ経済産業大臣けいざいさんぎょうだいじん辞任じにんしたニュースはみなさんもおぼえているでしょう。選挙区せんきょく有権者ゆうけんしゃに、かつてメロンやカニなどをおくっていたことが国会こっかい問題もんだいになっていたさなかに、秘書ひしょ地元じもと支援者しえんしゃのお葬式そうしき香典こうでんとどけていたというはなしです。

     お中元ちゅうげんやおせい香典こうでんぐらいはべつにかまわないのではないかとおもったひともいるかもしれません。でも、これは政治家せいじかもっともしてはいけない行為こういひとつだとわたしかんがえています。

     公職選挙法こうしょくせんきょほうという法律ほうりつでは、地元じもと選挙区せんきょく有権者ゆうけんしゃ金品きんぴんくばることをかたくきんじています。なぜでしょう。

     金品きんぴんくばれば選挙せんきょ有利ゆうりになると候補者こうほしゃかんがえれば、候補者こうほしゃ同士どうしがサービス合戦がっせんをしてしまう可能性かのうせいがあります。選挙せんきょにおかねがかかるだけではありません。ようするに、それは有権者ゆうけんしゃの1ぴょうをおかねうことにひとしい行為こういなのです。これを買収ばいしゅうといいます。

     以前いぜんには、線香せんこうのセットを地元じもとくばった政治家せいじかが、このつみわれ、議員ぎいん辞職じしょくしたれいもあります。こうした行為こういいまおこなわれていることにわたしおどろきました。

     でも、菅原氏すがわらし秘書ひしょ責任せきにんであるかのような説明せつめいをして、あくまで国会こっかい審議しんぎ自分じぶん問題もんだいでスムーズにすすまないことを理由りゆう大臣だいじんめました。これまでも、辞任じにんすれば「それでおしまい」とばかりに、疑惑ぎわくがうやむやになることがよくありました。今度こんどおなじようになるかもしれません。

     菅原氏すがわらし大臣だいじん起用きようした安倍晋三あべしんぞう総理大臣そうりだいじん首相しゅしょう)も任命責任にんめいせきにん、つまりえらんだ責任せきにんわたしにあるとあやまりました。しかし、謝罪しゃざいするだけで、菅原すがわらにきちんと国会こっかい説明せつめいするようもとめたわけではありません。

     おなじように、つま選挙せんきょでの買収ばいしゅう疑惑ぎわくで、河井克行かわいかつゆき法務大臣ほうむだいじんめました。わたしたちも「ああ、またか」とませるわけにはいきませんよね。


     政治部せいじぶデスクなどをて2004ねんから論説委員ろんせついいん早稲田大学大学院客員教授わせだだいがくだいがくいんきゃくいんきょうじゅつとめた。TBSテレビ・ラジオや大阪おおさかMBSテレビの報道番組ほうどうばんぐみなどでコメンテーター。1957年生ねんうまれ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

    3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

    4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

    5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです