メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貴景勝、8勝2敗「痛み全くない」左胸負傷後初、関取衆と申し合い(スポニチ)

[PR]

11.10初日 九州場所

 大相撲の二所ノ関一門連合稽古が1日、福岡県大野城市の田子ノ浦部屋で行われ、大関・貴景勝は申し合いで8勝2敗だった。先場所千秋楽に左胸を痛めて以来、関取衆とは初の実戦だったが、存在感を示し「体がしっかり動いてくれて良かった。(患部の)痛みは全くない」と順調な回復ぶりを口にした。

     手始めに同部屋の隆の勝を指名し4連勝すると、高田川親方(元関脇・安芸乃島)から「連合で(同部屋同士で)やるな」と指導。その後は輝、阿武咲を相手に、ともに2勝1敗と勝ち越した。まわしを許したり、引く場面もあったりしたが、力勝負になると馬力で押し切る力強さを見せた。九州場所(10日初日、福岡国際センター)へ「ケガをしないように高めていきたい」と意欲をのぞかせた。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

    2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

    3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

    4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです