メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の叙勲 県内51人受章 /山形

水車の前で笑顔を見せる「手打水車生そば」店主の矢萩長兵衛さん=山形県天童市で

 各分野の功労者に贈られる秋の叙勲が3日、発令され、県内からは51人が受章する(中綬章以上は特集面に掲載)。老舗そば店「手打水車生(き)そば」の5代目店主で、旭日双光章の受章が決まった矢萩長兵衛さん(71)=天童市鎌田本町1=に喜びの声を聞いた。

 ◆旭日双光章

 「ありがたいが、俺で良いのかという気持ち。周りの協力のおかげだ。今後も人間関係を大事にしたい」と喜びを表した。

 天童市出身で、村山農高卒業後、29歳で5代目になった。25歳の時、仙台で自身の店を出したが、4代目の父広造さんの後を継いだ叔父佐内さんが亡くなったため、連帯保証人だった矢萩さんは約1億円の負債を抱えて天童の同店へ戻った。「当時はとにかく一生懸命だった。でも、周りが助けてくれた。負の遺産は恵まれている証しだ」と笑顔で語る。

この記事は有料記事です。

残り1421文字(全文1769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです