メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

世界に拡散する反格差デモ 日本にも「怒り」潜在=中西寛・京都大教授

=北山夏帆撮影

中西寛(ひろし)・京都大教授

 南米のチリが国内の暴動を理由に、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議と国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の主催を中止したニュースには驚かされた。中南米諸国では政治の不安定化が目立っているが、チリは例外的に政治的、経済的に安定していると見られていたからである。

 事態は先月初めに政府が地下鉄料金の値上げを発表したのに対して学生を中心とする市民が反発したことから…

この記事は有料記事です。

残り1536文字(全文1744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです