メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

2兆7594億円 電力12社の設備投資額 原発、災害対策費が増加

 2018年度の大手電力など12社の設備投資総額は連結ベースで計2兆7593億9800万円に上った。11年3月の東京電力福島第1原発事故直後の11年度(2兆6685億6700万円)と比べ908億3100万円増えた。福島の事故後、原発の安全対策費が膨らんだことや老朽化した送配電線の更新、維持費、災害対策費が増加していることなどが背景にある。

 12社は、東京電力ホールディングス(HD)など大手電力10社とJパワー(電源開発)、日本原子力発電。各社の有価証券報告書によると、設備投資総額は九州電力3698億円(11年度比で1259億円増)▽関西電力4853億円(647億円増)▽中部電力3271億円(465億円増)▽北陸電力1030億円(452億円増)▽中国電力1792億円(275億円増)▽北海道電力1377億円(245億円増)▽四国電力8…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです