メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

スシロー 子どもが覚えやすい語感に

スシローのロゴ

 家族連れでにぎわう回転ずしの「スシロー」。長崎県五島列島出身のすし職人、清水義雄氏が1975年、修業を積んだ大阪市で開店したすし屋が始まりだ。

 すし屋といえば、席が少なく高級な店が多い中、創業者は手ごろな値段にこだわりながら、それでも新鮮なネタを提供して評判になった。その後、「気軽に食べられるすしを」との思いが強まり、回転ずしへの参入を決意。84年に大阪府豊中市で回転ずし1号店を出店した。開業当時の屋号は「すし太郎」。だが、別の会社が似た名前の商品を展開し…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. JR北海道クが白星発進 都市対抗北海道2次 代表決定リーグ戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです