メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護崩壊

2040年への序章/3 乱立する「名ばかり在宅医」

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の母親の介護で使った手動の人工呼吸器を手にする女性=神奈川県内で

 病院や施設ではなく、在宅介護、医療を選んだ人は今、十分な医療を受けられているだろうか。全国にはさまざまな形の在宅医療クリニックがあるが、医師の職業意識と技術は玉石混交。どんな在宅医を選べばいいのか。

 ●「24時間」電話だけ

 団体職員の女性(50代)は数年前まで、神奈川県内の自宅で筋萎縮性側索硬化症(ALS)の母親(80代)を介護していた。ALSは全身の筋肉がまひする難病。母親はいっとき入院したものの、呼吸器を付けて自宅に戻り、在宅介護を受けることになった。退院時、主治医が「24時間対応」をうたう在宅医を紹介してくれた。不調や急変の際、自宅にすぐかけつけてくれると聞き、安心したことを覚えている。

 ある夜、母親が高熱を出した。在宅医に電話をかけ「診察に来てもらえませんか」と頼むと、医師は「主治医…

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1351文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「バックアップデータは行政文書ではない」 桜を見る会名簿

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです