メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

伊東光晴・評 『行動経済学の使い方』=大竹文雄・著

 (岩波新書・902円)

四つの行動原則への「ナッジ」の事例示す

 経済理論の先端は、「ゲームの理論」全盛時代から、「行動経済学」へと移っている。だが、その全体像に迫る本が日本には見当たらない。本書はこの要望に応えるとともに、その応用にまで踏みこんでいる。篤学の著者ゆえに、海外の文献を広く読みこみ、「新書」をものにした。良書である。

 合理的行動を仮定する従来の理論にかわって、四つの行動原則を仮定する。

この記事は有料記事です。

残り1729文字(全文1929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです