メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『小箱』 著者・小川洋子さん

小川洋子さん

 ◆著者・小川洋子(おがわ・ようこ)さん

 (朝日新聞出版・1650円)

「生きている」死者のあり方描く

 芥川賞選考委員も務める著者の書き下ろし小説。亡くなった子どもたちの魂が、小さな箱の中で育つ。親たちは風の吹く丘で耳に遺品をぶら下げ、おのおのにだけ聞こえる「音楽会」に出かける――不思議で静かな物語だ。

 「『死んでいるけど生きている』という死者のあり方を書きたいと思った。私としては一つのテーマをここまでずっと手放さず、長い時間をかけた小説はありません」と話す。

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです