メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『小箱』 著者・小川洋子さん

小川洋子さん

 ◆著者・小川洋子(おがわ・ようこ)さん

 (朝日新聞出版・1650円)

「生きている」死者のあり方描く

 芥川賞選考委員も務める著者の書き下ろし小説。亡くなった子どもたちの魂が、小さな箱の中で育つ。親たちは風の吹く丘で耳に遺品をぶら下げ、おのおのにだけ聞こえる「音楽会」に出かける――不思議で静かな物語だ。

 「『死んでいるけど生きている』という死者のあり方を書きたいと思った。私としては一つのテーマをここま…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです