メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『マンガ哲学辞典』=橋本治・著

 (河出書房新社・1650円)

 ≪原作・脚本・主演・橋本治≫。マンガでしか表現できない人間社会の真実を、奇蹟(きせき)のように描き切っている。内容はシュールで超難解、なのに超シンプル。雑誌のレジェンド『広告批評』に一九八○年代に連載されたシリーズの、注目の復刻だ。

 まあなんと自由奔放な。そしてハチャメチャな。思いつきを勝手に書きなぐっただけとみえるかもしれないが、骨組みはモーツァルトのように端正だ。主題は男と…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです