メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『マンガ哲学辞典』=橋本治・著

 (河出書房新社・1650円)

 ≪原作・脚本・主演・橋本治≫。マンガでしか表現できない人間社会の真実を、奇蹟(きせき)のように描き切っている。内容はシュールで超難解、なのに超シンプル。雑誌のレジェンド『広告批評』に一九八○年代に連載されたシリーズの、注目の復刻だ。

 まあなんと自由奔放な。そしてハチャメチャな。思いつきを勝手に書きなぐっただけとみえるかもしれないが、骨組みはモーツァルトのように端正だ。主題は男と…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです