メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本実業団対抗駅伝 全日本かけきょう号砲 27チーム出場 設楽悠は3区

 来年元日に群馬県で開催される第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)の予選会を兼ねた第60回東日本実業団対抗駅伝競走大会(毎日新聞社など後援)は3日、さいたま市の埼玉県庁を午前8時にスタートし、熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場に至る7区間76・9キロのコースで行われる。27チーム(うち1チームはオープン参加)が出場し、12位までが全日本大会の出場権を獲得する。

 今回は第2中継所の場所が変わったため、2区(8キロ)が外国人選手も走れる区間となり、最長区間は昨年…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです