メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「仁義なき」AKB 原作に忠実、新たな挑戦 博多座

イメージとは対極にあるアウトローの世界の舞台に挑戦する小栗有以(左)と田中美久

 <日曜カルチャー>

 AKB48グループが9~24日、博多座に登場する。舞台「仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇(へん)」と「レヴュー48」の2部構成。出演の小栗有以(AKB48)と田中美久(HKT48)は「新しい私たちの姿を見てほしい」と口をそろえる。

 第1部の舞台(上條大輔脚本、奥秀太郎演出)は東映の大ヒット映画「仁義なき戦い」(深作欣二監督、1973年)が原作。任俠(にんきょう)の世界の血みどろの抗争を描き出す。同作には菅原文太や松方弘樹、梅宮辰夫、田中邦衛らが出演し、73年のキネマ旬報ベスト・テン日本映画2位に選ばれるなど、高い評価を得た。

 今回の女性だけの舞台版も原作に忠実に仕上げる。立ち回りのシーンも多く、アウトローのイメージとは対極…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです