メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つながる!道の駅旅案内

香川・小豆島オリーブ公園 オリーブで多彩なイベント

地中海を思わせるギリシャ風車

 <ZENRIN>

 かんきつ類「ゆうこう」が自生する長崎市の道の駅「夕陽が丘そとめ」に続いて、オリーブの産地として知られる香川県小豆島町の「小豆島オリーブ公園」を紹介します。

 小豆島は日本のオリーブ栽培発祥の地で、1908(明治41)年に米国から輸入された苗木を植えたのが始まりです。温暖少雨の気候はオリーブの栽培に適しており、その生産量は日本一を誇ります。オリーブは香川の県花と県木にも指定されています。

 瀬戸内海を見下ろす小高い丘にある道の駅には、約2000本のオリーブ畑が広がります。ギリシャ風の建物も点在し、オリーブの原産地である地中海沿岸の雰囲気を味わえます。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです