メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「英語試験、白紙に」野党、抜本見直し主張 自民「受験生におわび」

野党緊急全議員集会で大学入学共通テストで導入される英語民間試験延期の報告に拍手する(左から)立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の玉木雄一郎代表、共産党の志位和夫委員長ら=国会内で2019年11月1日午前10時6分、川田雅浩撮影

 与野党幹部が3日のNHKの討論番組に出演し、2020年度の大学入試への導入が見送られた英語民間試験について、野党側が抜本的に見直すよう求めた。

 国民民主党の後藤祐一政調会長代行は「一度完全に立ち止まって白紙からやり直すべきだ」と主張した。立憲民主党の逢坂誠二政調会長は「民間に任せるのは問題だ。もう少し政府がしっかり関わるべきだ」と…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです