メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風被災者にあったかちゃんこ鍋 宮城野部屋の力士支援

避難所でちゃんこ鍋を振る舞う宮城野部屋の力士=宮城県大崎市の旧鹿島台二小で2019年11月2日午前11時54分、山田研撮影

[PR]

 大相撲宮城野部屋の力士が2日、台風19号の被災者が身を寄せる宮城県大崎市鹿島台志田谷地(やち)の旧鹿島台二小の避難所を訪れ、ちゃんこ鍋を振る舞った。身も心も温まる料理に、被災者や他県から支援に訪れた自治体職員らが感謝しながら味わった。

 宮城野部屋は江戸時代の伊達藩お抱え力士が起こし、東日本大震災の際にも同市に2次避難した被災者にちゃんこ鍋を提供。その後も、横綱の白鵬関らが訪問するなど同市と交流が続く。今回の水害でも宮城野誠志親方から支援の申し出が市に寄せられたという。

 三段目の絢雄(けんゆう)さんをはじめ力士3人らの一行は義援金とともに600人分の食材を持参して1日から準備。白菜、ほうれん草などたっぷりの野菜や豚バラ肉、鶏のつみれが入った部屋伝統のちゃんこ鍋を大鍋で作った。

 同小では1日現在、176人が避難生活を送る。吉田川の堤防決壊でここでの生活が3週間近く続く男性(65)は「毎日食べたいくらいおいしい。野菜が多く、疲れが取れる」。親戚宅に避難しながら日中は自宅の片付けに通う女性は「昼食はおにぎりが続いていた。心のこもった温かい料理はありがたい」と話していた。【山田研】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです