メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

常陸宮さま血圧高く一時入院

「即位礼正殿の儀」を終え、退出される常陸宮さま=皇居・宮殿で2019年10月22日、小川昌宏撮影

 天皇陛下の叔父の常陸宮さま(83)が1日夜、血圧が普段より高くなり、日本赤十字社医療センター(東京都渋谷区)に入院された。宮内庁への取材で判明した。血圧を下げる薬で症状は落ち着いたため、2日午前に退院した。

 同庁によると、常陸宮さまは1日夜、宮邸(同区)で日課としている血圧測定をしたところ、普段よ…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです