メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本SF界の第一世代 眉村卓さん死去 85歳 「なぞの転校生」「妻に捧げた1778話」

作家の眉村卓さん=望月亮一撮影

 テレビドラマにもなったSF学園小説「なぞの転校生」などで知られ、小松左京(故人)、筒井康隆さんらと共に「日本SF界の第一世代」として活躍した作家、眉村卓(まゆむら・たく、本名・村上卓児=むらかみ・たくじ)さんが、3日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した。85歳。通夜は8日午後6時、葬儀は9日午後0時半、大阪市阿倍野区阿倍野筋4の19の115のやすらぎ天空館。喪主は長女知子(ともこ)さん。

 大阪市生まれ。大阪大経済学部卒後、サラリーマン生活を経て、1961年、第1回空想科学小説コンテスト(現ハヤカワSFコンテスト)で佳作になった「下級アイデアマン」でデビュー。63年、初の長編「燃える傾斜」を発表して専業作家になった。以来、宇宙もの、未来もの、異世界ものなどの短編をはじめ、幅広いジャンルの作品を次々と発表。79年、本格SFの代表作、司政官シリーズに連なる長編「消滅の光輪」で泉鏡花文学…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです