メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手・山田の小学校 海と生きる姿描く劇が終演「最高の舞台になった」

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた岩手県山田町の大沢小(多田敢=つよし=校長)で3日、30年以上続いてきた全校児童による劇「海よ光れ」の最後の上演があった。震災直前に100人以上いた同小の児童は今年度、71人まで減った。来春には同様に児童数が減った近隣の5校と統合されるため、劇は今回を最後に幕を下ろす。

 同小の教員だった箱石敏巳さん(78)が、郷土史と学校教育を融合させたいと脚本を書き、1988年に始まった。5、6年生が村人役となり、1~4年生は波を表現する。明治以降、海を巡る環境は乱獲から保護へと移り、漁獲量は減少。明治(1896年)と昭和(1933年)の2度の三陸大津波で、町は壊滅的な被害を受けた。それでも、スルメイカ漁や捕鯨を通して海から恵みを受けてきた町民の姿を描き、海を守る大切さも訴え…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです