メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦前の大規模「隠れ盛り土」 都内あちこちに 地滑り・液状化リスク「聞いてない…」

 東京都区部の戦前の大規模盛り土造成地が、都が公表する分布マップからこぼれ落ちている。その中には大田区田園調布や渋谷区恵比寿西など著名な宅地も含まれている。専門家は「地盤の変形が起きている場所もある」と指摘する。古くからの盛り土造成地ほど地震時に地滑りや液状化のリスクが高く、国も自治体に造成年代の調査を求めている。【畠山哲郎、宮崎隆】

 斜面に張り付くようにしゃれた住宅が建ち並ぶ、東京都世田谷区尾山台2丁目。東急大井町線尾山台駅の南約500メートルのこの一帯約1万平方メートルは、都が戦前の盛り土造成地として抽出しながら、分布マップから漏れた35カ所の「隠れ盛り土」の一つだ。

この記事は有料記事です。

残り2746文字(全文3035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです