メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長野 不明のタクシー運転手、遺体で 家族らが千曲川中州で発見 台風19号

三石量正さんが軽トラックで通ったとみられる谷川沿いの崩れた道路=佐久市入沢で2019年10月18日午前11時28分、武田博仁撮影

[PR]

 台風19号の影響による大雨で行方不明になっていた長野県佐久市のタクシー運転手、三石量正(かずまさ)さん(68)が3日、遺体で見つかった。自主的に捜索していた家族らが、同市の千曲川の中州で発見した。

 三石さんは10月12日午後5時40分ごろ、土のうを取りに軽トラックで自宅から約2キロの青沼小に向かったまま、行方不明となっていた。自宅前を流れる千曲川の支流・谷川(やがわ)は増水していて、車ごと流されたとみられていた。台風19号の全国の死者は計89人になった。【ガン・クリスティーナ】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです