メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子・敦賀気比が初V 女子・鯖江7年ぶり 高校駅伝・福井

両手をあげながらフィニッシュテープを切った敦賀気比の木下広夢選手=福井県鯖江市の市東公園陸上競技場で2019年11月3日午後0時54分、塚本恒撮影

[PR]

 福井県高校駅伝競走大会(県高校体育連盟、福井陸上競技協会主催、毎日新聞社など後援)が3日、同県鯖江市であり、男子は4区で抜け出した敦賀気比がその後はトップを譲らず初優勝。女子は3区でトップに立った鯖江がそのまま逃げ切り、7年ぶり5回目の優勝を決めた。

右手を掲げてフィニッシュする鯖江の伊藤華選手=福井県鯖江市の市東公園陸上競技場で2019年11月3日午前11時55分、横見知佳撮影

 両校は12月22日に京都市で開かれる全国高校駅伝大会(毎日新聞社など主催)に出場する。【横見知佳】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです