メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西村まさかの初戦敗退 3連覇ならず 剣道全日本選手権

1回戦で市川(右)と対戦する西村。延長戦の末に敗れ、3連覇はならなかった=2019年11月3日、中村有花撮影

 史上初の3連覇を目指した西村(熊本県警)が1回戦で市川(栃木県警)に敗れた。2度の2連覇を達成している宮崎正裕、2010、11年を制した高鍋進という2人のレジェンドが挑んでははね返されてきた大記録。西村は「3連覇に挑戦する気持ちだったが、2連覇して受ける側になってしまった部分が少なからずあったかもしれない」と悔しがった。

 「我慢比べで負けた」と振り返る。規定の5分で決着がつかず、延長に入り9分20秒。市川がメンを打とう…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです