メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国友、3度目の決勝で初の頂点 剣道全日本選手権

[PR]

 剣道の第67回全日本選手権が3日、大阪・丸善インテックアリーナ大阪で行われ、国友錬太朗五段(福岡県警)が決勝で松崎賢士郎四段(筑波大3年)を破り、初優勝した。国友は3度目の決勝で初めて頂点に立った。21歳の松崎は2014年の竹ノ内佑也五段(当時四段、筑波大3年)以来の学生王者に、あと一歩届かなかった。

 来年の東京五輪・パラリンピックに向けて日本武道館が改修中のため、1953年の第1回大会以来初めて東京以外での開催。3連覇を目指した西村英久六段(熊本県警)は1回戦で市川巧五段(栃木県警)に延長戦の末に敗退。過去2大会連続準優勝で過去3度の優勝を誇る最年長、39歳の内村良一七段(警視庁)も2回戦で足立柳次五段(埼玉県警)に敗れた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです