メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一瞬逃さずコテ「挑戦者のつもりで」攻め貫き国友V 剣道全日本選手権

決勝で松崎(左)を攻める国友=丸善インテックアリーナ大阪で2019年11月3日、山田尚弘撮影

 最後まで攻める姿勢を貫いた。松崎と相対した決勝。規定の10分では決着せず、延長に入り2分すぎ。国友は相手が手元を上げた一瞬を逃さず、思い切りコテを打ち込んだ。

 「(相手が)大学生だとは頭にはあったが、挑戦者のつもりで集中して臨んだ」。思い切った技を次々と繰り出す松崎に対して受け身にならず、得意の出はなメンなどを仕掛けていった。逆に松崎は…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです