メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここぞで遠藤 1カ月ぶり先発に応え 残留争いガ大阪に貴重な勝ち点3

 J1残留に向け、勝ち点3が欲しい湘南とガ大阪。勝敗を分けたポイントは、ガ大阪のMF遠藤の約1カ月ぶりとなる先発起用にあったのではないか。

 湘南の浮嶋監督も、中盤の松田も敗戦の要因に挙げた前半ロスタイムの2失点目。ガ大阪の宇佐美がゴール前で遠藤にボールを預け、そこからのリターンパスを決めたもの。2人のテクニックがかみ合ったきれいな得点だった。

 後半に入ると、遠藤を中心に余裕を持ってボールを回し始めるガ大阪に、湘南は苦しんだ。追いつこうと前に出て行けば、カウンターを狙われる。後半開始5分、サイドチェンジのパスをカットされ、またも宇佐美に決められて、事実上、試合は決した。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 マイナンバーと口座ひも付け 見え透いた国民監視の魂胆

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです