メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学生横綱も「意識せず」すくい投げ 日大中堅・イエルシン 4年ぶりVたぐる

決勝で東洋大の羽出山を攻める日大のイエルシン(左)=堺市の大浜公園相撲場で2019年11月3日、田中将隆撮影

 最多優勝を誇りながらここ3年、優勝から遠ざかっていた日大が予選4位から頂点に駆け上がった。柱となったのは、昨年と今年の2人の学生横綱を土俵にはわせたカザフスタン出身の中堅・イエルシン(3年)だ。

 見せ場は日体大との準決勝。相手は1年生ながら、前日に圧倒的な力で個人戦を制した中村。身長193センチ、体重160キロと体格でも見劣りせず「意識はしなかった。いい相撲を取れば勝てる」と立ち合いで左四つに組み止め、下から押し上げる…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  5. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです