メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学生横綱も「意識せず」すくい投げ 日大中堅・イエルシン 4年ぶりVたぐる

決勝で東洋大の羽出山を攻める日大のイエルシン(左)=堺市の大浜公園相撲場で2019年11月3日、田中将隆撮影

 最多優勝を誇りながらここ3年、優勝から遠ざかっていた日大が予選4位から頂点に駆け上がった。柱となったのは、昨年と今年の2人の学生横綱を土俵にはわせたカザフスタン出身の中堅・イエルシン(3年)だ。

 見せ場は日体大との準決勝。相手は1年生ながら、前日に圧倒的な力で個人戦を制した中村。身長193センチ、体重160キロと体格でも見劣りせず「意識はしなかった。いい相撲を取れば勝てる」と立ち合いで左四つに組み止め、下から押し上げる…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  5. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです