メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー? W杯? 盛り上がる? 事前予想覆し「最も偉大な大会」に 熱狂の44日間

【イングランド-南アフリカ】ラグビーW杯で優勝し、トロフィーを掲げて喜ぶ南アフリカのコリシ(中央)ら選手たち=横浜・日産スタジアムで2019年11月2日、長谷川直亮撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は、決勝でイングランドをノートライに抑えて南アフリカが3大会ぶり3回目の優勝を果たし、2日に閉幕した。前回大会は南半球勢が初めて4強を独占したが、今大会はイングランドとウェールズが4強入り。北半球勢が盛り返した。決勝に進んだ両チームは強力FWと攻撃的な堅い防御を軸としたゲーム運びで結果を出した。史上初の3連覇を狙ったニュージーランドは速いテンポでボールをつなぐ攻撃ラグビーを準決勝でイングランドに封じられた。

 44日間にわたるアジア初開催のW杯は集客や普及でも大きな成果を残し、幕を閉じた。

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  3. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  4. 新型コロナ あやめ・ラベンダーフェス中止 開花前に刈り取り 久喜 /埼玉

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです