メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中満泉さんから「地球を変えるあなたへ」

(8)前に進む軍縮 地道な努力が人を救う

地雷で吹き飛ばされた右足を、NGOの施設で治療したアフガニスタンの少女、ゼタラさん(中央)。義足で歩行訓練をしています=ドイツで2015年8月、ジャーナリストの西谷文和さん撮影

[PR]

地道じみち努力どりょくひとすく

 今年ことし対人地雷たいじんじらい全面禁止ぜんめんきんし条約じょうやく通称つうしょうオタワ条約じょうやく)が実施じっしされて20しゅうねん。11がつ25にち記念きねん会議かいぎひらかれ、わたし出席しゅっせき予定よていです。今回こんかいはそれにちなんで、地雷じらいやクラスター爆弾ばくだん小型こがた武器ぶきなどの軍縮ぐんしゅく、すぐにもひといのちすくうことにつながる軍縮ぐんしゅくはなしをしましょう。

     対人地雷たいじんじらいは、地中ちちゅうめられ、ひと動物どうぶつむと爆発ばくはつする爆弾ばくだんです。いったんめられると、敵味方てきみかた兵士へいし市民しみん区別くべつなくひときずつけるだけではありません。その土地とち農業のうぎょうもできなくなりますし、紛争ふんそうわっても復興ふっこうかることができず、ながあいだにわたって社会しゃかいおおきな問題もんだいあたえます。

     1990ねんだいはじめには、すくなくとも55かこくが50まん~100まん地雷じらい製造せいぞうし、そのうち36かこく地雷じらい輸出国ゆしゅつこくでした。90ねんだいなかばには、65かこくやく6000まん地雷じらいめられ、ねんかんまん4000にん被害者ひがいしゃしていたとわれています。

    5000まん地雷じらい破棄はき

     対人地雷たいじんじらい完全かんぜん禁止きんしする条約じょうやくは、市民しみん運動うんどうでつくられました。紛争ふんそう活動かつどうするNGO(非政府組織ひせいふそしき)が、この兵器へいき被害ひがい深刻しんこくさをうったえ、アメリカやヨーロッパの市民団体しみんだんたいが92ねんに「地雷禁止国際じらいきんしこくさいキャンペーン(ICBL)」を設立せつりつしました。運動うんどう世界せかいひろがり、カナダ、ベルギー、ノルウェー、スウェーデンなどの国々くにぐに交渉こうしょうをリードしました。交渉こうしょうは97ねん10がつにカナダのオタワではじまり、12がつには地雷じらい使用しよう開発かいはつ生産せいさん貯蔵ちょぞう移譲いじょうなどを全面的ぜんめんてき禁止きんしする条約じょうやくができ、99ねんがつ実施じっしされました。現在げんざい条約じょうやくはいっているくには、日本にっぽんふくめ164かこくです。

     アメリカや中国ちゅうごく、ロシアなど条約じょうやくはいっていないくにがまだ32かこくあります。でも、条約じょうやくができたことで地雷じらい禁止きんし世界せかいおおくのくにみとめる規範きはんまもるべきルール)となり、はいっていないくににも影響えいきょうおよぼしています。たとえばエジプト、ネパール、イスラエル、アメリカなど条約じょうやくはいっていないくに地雷じらい生産せいさんをやめました。条約じょうやくはいった国々くにぐには5000まん以上いじょう地雷じらい破棄はきしました。かつて地雷じらい問題もんだい解決かいけつには天文学てんもんがくてき時間じかん費用ひようがかかるとわれていましたが、オタワ条約じょうやくができておおきくすすみました。おおくの人命じんめいすくっただけでなく、犠牲者ぎせいしゃ社会復帰しゃかいふっきへの支援しえん強化きょうかされました。

     2010ねんには、オタワ条約じょうやくおなじようなながれで、各国かっこくのNGOと一部いちぶ国々くにぐに協力きょうりょくし「クラスター爆弾ばくだん禁止きんし条約じょうやく通称つうしょうオスロ条約じょうやく)」ができました。クラスター爆弾ばくだん本体ほんたい数個すうこからすうひゃっ爆弾ばくだんはいった爆弾ばくだんで、とされると空中くうちゅう爆弾ばくだんをばらまきます。それは広範囲こうはんいひろがり、犠牲者ぎせいしゃの98%がどもをふく民間みんかんじんだとわれます。

    じゅうなども規制きせい

     そして、人命じんめいすく軍縮ぐんしゅくのもうひとつのれい小型こがた武器ぶき規制きせいです。小型こがた武器ぶきには、じゅうなどのしょう火器かきと、それよりやや大型おおがたおもけい火器かきがあります。現在げんざい世界せかいには10おくもの小型こがた武器ぶきがあるとわれています。じつはその85%が市民しみん民間組織みんかんそしきにあり、そのうち80%以上いじょうが、ほう違反いはんして所有しょゆうされているとみられています。紛争ふんそう犯罪はんざい使用しようされ、1ねんかん平均へいきんで21万人まんにん以上いじょういのちうしなわれています。02ねん国連こくれん事務総長じむそうちょう小型こがた武器ぶきは「事実上じじつじょう大量破壊兵器たいりょうはかいへいき」だ、とべています。

     国連こくれんでは、日本政府にっぽんせいふ提案ていあんでできた専門家せんもんかグループが1997ねん報告書ほうこくしょ提出ていしゅつ。2001ねんに「国連こくれん小型こがた武器ぶき行動こうどう計画けいかく」が全会一致ぜんかいいっち決定けっていされました。行動こうどう計画けいかく条約じょうやくではありませんが、各国かっこく小型こがた武器ぶき製造せいぞう輸出入ゆしゅつにゅうかんする法律ほうりつととのえ、非合法ひごうほう取引とりひき規制きせいすることなどが合意ごういされました。

     わたしたちはさらに、各国かっこく自主的じしゅてき達成たっせい目標もくひょうつくることをすすめました。そして途上国とじょうこく支援しえんするため、国連こくれんとして特別とくべつ基金ききんもつくりました。すでに日本にっぽんやニュージーランドが資金しきんし、ほか国々くにぐに協力きょうりょくもうてくれています。

     あまりニュースにはならない地道じみち努力どりょくですが、おおくの人命じんめいすくうこのような軍縮ぐんしゅく活動かつどうが、とても大切たいせつだとわたしおもっています。


    中満なかみついずみさん[国連こくれん事務次長じむじちょう

     1963ねんまれ。アメリカの大学院だいがくいんて89ねん国連こくれんり。難民なんみん保護ほご国連平和維持活動こくれんへいわいじかつどう核兵器禁止条約かくへいききんしじょうやく採択さいたくなどのためにはたらいてきた。著書ちょしょ児童書じどうしょ危機きき現場げんばつ」など。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

    2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

    3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

    4. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

    5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです