メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

市長暴言問題の舞台・明石駅前交差点 進む、事故対策工事 「毎日のように通る場所 安全、安心を」 /兵庫

歩道整備などが進む明石駅前交差点=明石市で

 道路用地の買収交渉を巡る明石市長の暴言問題で「全国区」になった同市内の国道2号「明石駅前交差点」で、交通事故対策の工事が進んでいる。現場周辺では、ご当地グルメによるまちおこしの祭典「B―1グランプリ」全国大会が今月23、24両日に開催予定で、それまでに市が買収交渉を進めた交差点南東部の歩道整備は終わる見込み。国土交通省兵庫国道事務所(神戸市)が2020年度中の完成を目指す中、市民の反応を聞いた。【浜本年弘】

 「遠方のお客さんが『あれが例の交差点ですか』と話しかけてくる」。近くの50代の男性経営者はこう語る。泉房穂市長が17年6月、部下に対して「立ち退きさせてこい。火をつけて捕まってこい」などと暴言を吐く原因になった現場だ。今年1月に問題が発覚後、過激な発言は瞬く間に全国に広がったが、市民の命を交通事故から守ろうとする熱意の表れとの擁護論も高まった。この経営者は「工事関係者の対応は丁寧なようだが、長く…

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです