メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

年間表彰 岩手・釜石市に「品格賞」 震災からの復興、象徴

ワールドラグビーの年間表彰で「キャラクター(品格)賞」に選ばれた岩手県釜石市を代表し、式に出席した洞口留伊さん(中央)ら=谷口拓未撮影

 WRによる年間表彰式が3日、東京都内で開かれ、ラグビーの価値を社会に伝えて普及に貢献したとして、岩手県釜石市が「キャラクター(品格)賞」を受賞した。2011年の東日本大震災から復興を遂げ、W杯日本大会を開催したことが評価された。

 釜石市はかつて日本選手権を7連覇した新日鉄釜石(現・釜石シーウェイブス)の本拠地で、「ラグビーのまち」として知られる。震災で津波による甚大な被害を受けたが、W杯の開催都市に手を挙げ、新設の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムで1次リーグのフィジー―ウルグアイ戦を行った。ナミ…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです