メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイジェリア報告(その1)言葉にできぬ記憶

ボコ・ハラムに拉致されて、性奴隷として扱われたザラウ・カラウさん。勇気を振り絞り、当時の記憶を少しずつ語り始めた=ナイジェリア・ボルノ州マイドゥグリ2019年9月20日、山崎一輝撮影

 <2019 世界子ども救援キャンペーン>

 静かなたたずまいに、深い怒りがにじむ。あの記憶を伝えたいのに、うまく語れない。少女は今「終わらぬ恐怖」と闘っている――。

 イスラム過激派の武装勢力「ボコ・ハラム」による襲撃や拉致におびえるナイジェリアで、未成年者を含む約7000人もの女性が拘束されたままになっている。「性奴隷」として扱われるケースも多いとされる。

 ボコ・ハラム誕生の地とされる同国北東部ボルノ州の州都マイドゥグリは、ボコ・ハラムとナイジェリア政府…

この記事は有料記事です。

残り1180文字(全文1409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです